読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フードコートの今と昔

今日は娘と、ららぽーと富士見へ遊びに行ってきました。

 

ららぽーとはどこへ行っても広い広い。携帯を持っていないと娘とはぐれそうです。

 

私はソフトクリームを食べてゆっくり。娘は洋服を物色。

欲しい夏服があるようで、ああでもないこうでもない言いながら選んでいました。

 

そして、買い物もひと段落したのでフードコートで食事。

私は久しぶりにチャーハンが食べたかったので梅蘭のチャーハンセット。

 

f:id:sobokugimon:20160604205500j:plain

昔神奈川に住んでいた時は、中華街の梅蘭に行ったことがありましたね。久々の梅蘭。

 

本店に比べるとやはり味は落ちるというのが正直なところですが

昔のフードコートに比べると、最近は本当に店のバリエーションが豊かだと思います。人気のラーメン店や、韓国料理、パンケーキ専門店、などなど…選ぶ楽しみがありますからね。

 

 ところで、昔はフードコートと言うとラーメン、焼きそば、たこ焼きなんかがお決まりで、味のクオリティーはさほど期待できるものではありませんでしたが

買い物で疲れた後にホッと一息したり、学校帰りの学生が賑やかに集っていました。たまにあのチープな味を食べたいと思うことがありますよね。

 

 今後、人々がフードコートに求めるものってなんなんでしょう。健康志向が高まってきてるわけですから、そのうちスーパーフード料理店やビーガン料理店だけが並ぶなんてこともあるんじゃないでしょうかね。

 

あの頃のフードコートは…なんてまた娘たちも話すようになるのかしら。