読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

離脱、残留決断の時期。

今日はイギリスのEU離脱が決定しましたね。皆さんはどう予想されてましたか?

 

私はてっきり残留になるだろうと思ってましたので、結果を聞いて少しびっくり。

 

きっとイギリス国民でないとわからない不安や不満もあるのでしょうけど、

景気がいいとは言えないこのご時世、単独国家のリスクは大きいのではないでしょうか。

 

我が家も数年前に、主人が会社を辞めて独立すると言いだした時期がありましたが

私は残留を支持しました。

 

子供が二人、小さかったですし、成功するとい確信がないものへの挑戦というのは

不安があり

 

独立してしばらくは良かったけれど、予期せぬ経済危機で破綻した友人を近くで見ていたので、難しいと思えたのです。

それに、主人は真面目が取り柄、さほど読みの深い人間ではないとも思っていましたから。

 

そんなこんなで主人は会社に残留。地道に一歩一歩昇進していますから、今となっては良かったと思っています。

 

もし主人が独立していたら、もっとお給料が良かったとか、私も社長婦人かといった淡い想いはないとは言いませんが

 

多くを望まず安定がいちばん、と思います。

 

もうすぐボーナスの月。ごくごく淡い想いをそちらに馳せることにします。